トー君がもうすこし大きくなったら
バァバと動物園に行く約束をしています



でも実は、動物園に行くのは
正直あまり気が進みませんでした





最後に行ったのは小学生の頃

「こんな檻に入れられて、なんかカワイソウだな・・・」

と、幼心に思った事が
今でも強く心に残っているからです



行ったらきっと
トー君はすごく喜ぶだろうけど

私自身は・・・
ちょっと暗い気持ちになるんだろうな




なーんてことを
猫友さんにポロっと漏らしたら



「大丈夫だよ!」
こんな本を貸してくれました

IMG_1383

な、何が大丈夫なんでしょう?????






ひとまず読んでみたところ

お恥ずかしい話ですが
ちょっと、涙が・・・(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)




この本のポイントは
まさに私の懸念しているところで

IMG_1392

「人間が見て楽しい動物園」ではなく
「動物目線で考えられた動物園」を紹介していました。

「動物園は人間が楽しむためのレジャー施設ではない」とも断言されています




「自分がこの動物だったらどうか?」
という目線で見た本で

著者が心から動物好きだということが
ものすごーーーく伝わってきました

IMG_1390

なんかもう、心の中のモヤモヤが
パーっと晴れた気分です・・・






本の途中に
いわゆる「動物が幸せであろう動物園」の
ランキングがあります


なんと、横浜の動物園も入っていました



それは、ズーラシア!
ランキング2位 (≧∀≦)

IMG_1397

バァバとは、ここに行こうと
強く決めました。



今時の動物園、水族館は
昔より動物目線になっているんですかね


ありがとう、友よ。
心から感謝してます



私と同じことを思っている方がいたら
ぜひおすすめします。






みなさん
今日も1日お疲れさまでした!

IMG_1359