「あなたならどうしますか?」

この言葉は

チョコとラファの保護主さんである


ねりまねこ さんのブログで

ときどき登場します。



ねりまねこさんのブログは

ものすごい数の読者から支持されていて

その影響力たるやハンパないのですが


~こうするべきだ とか

~こうしてはダメよ とか


そういう表現をほとんど使いません。



『どうするべきか、一緒に考えませんか?』

という、問いかけが多いのです。



私たち読者は

ブログ記事を読んでいると

突然

「あなたならどうする?」

と問いかけが来るので


ポテチを食べる手を止め

むむむむ・・・・

と考え込むことになるのですw




例えばこれ

ぜひ読んでみて下さい↓↓

「子供が猫を拾ったら」

(ちなみに、冒頭に出てくる茶トラ猫は

保護された直後のうちのラファです)


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚☆


さて

前置きが長くなりましたが



わたし、辛いです。

わかってたけど

現実になると、辛いです


ラファ、昨日退院しました。


骨折の種類は「粉砕骨折」でした。

粉砕って・・・ 





退院のとき、先生は言いました。

「2ヶ月くらいは

ケージで生活させた方が良いです。

兄弟のコとも別室でね」



「はい、わかりました ・・・。

って、2ヶ月???」 



「そう、2ヶ月。歩いてもいいけど

走ったりジャンプはダメ。

2匹でじゃれるのも危険。

埋め込んだボルトがずれたら大変だし

骨がちゃんとくっ付くまでは安静。

となるとケージが一番良いよね」



「はぁ・・・・わかりました」




それから

前回紹介した大き目のケージを買い


なんとなく

これでいけるんじゃないか?


なんて

ちょっと安心していましたが



ラファさん

ケージから出たがります。

それはそれは鳴きます。



そりゃそうか・・・・

今まで生きてきてずっと

自由に家の中を歩き走り登り

思いきり遊びまわってきた

まだ8ヶ月の血気盛んな子猫が



入院を終えて

せっかく家に帰れて

ほっとしたのも束の間


訳もわからず

見たこともないケージに入れられ

2ヶ月もの間、そこから出られず


あんなに仲良くしていた

チョコとも一緒に過ごせないなんて。


このまま2ヶ月間ずーーーーっと

その状態をキープできるのだろうか?



あなたなら

どうしますか?(涙)





私は自信がありませんでした。

ちょっと心が折れて

ねりまねこさんに相談しました。





ちょっと疲れちゃったので

続きはまた明日・・・・



⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

おまけの過去ねこ







はやく、この姿が見たい。



猫ブログランキングのページはこちら↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ
にほんブログ村



インテリアブログランキングのページはこちら↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村